2015年9月24日、ドル円でのFXトレード動画です。

Youtubeのチャンネル登録をしておくと、最新の動画が見れるようになります。

チャンネル登録はこちら!


実践トレード結果

9/24 USD/JPY 20枚 +14,800 +7.4p
9/24 EUR/USD 16枚 +205,530 +128.5p

<トータル +220,330 +135.9p


2015年 収支 +3,550,660  勝率 50.6%   +3,425.8p
901回取引 平均 +3,941 利食い平均 +57,906 損切り平均 -51,358

2014年9月24日FXグラフ

FXcollege FXカレッジ 時給10000円を目指す人のFX投資講座 

4 つの投稿コメント “綺麗な日足三角持ち合いでのトレード 実践動画#44 2015/9/24”

  1. Fx初心者 より:

    24日、EUR/USDで+128.5pはかなり変動していると思うのですが、これも予測した結果なのですか?疑問に思ったのは指値、利食いで128.5pは予測して狙えるものなのかと。

    • たけし より:

      pips数で考える事は無いと思いますよ。
      長期で考えたり、ボラティリティが大きければ別に100pips利食いしようが、1000pips利食いしようが関係はありません。
      損切りに関しても同じことが言えます。

      問題は自分の資金に対して何%くらいの利食いだったか、損切りだったかというところが大事です。

  2. Fx初心者 より:

    返信ありがとうございます。

    自己資金に対して利食い%は損切り%より大きくする、と考えているのですが合っていますか?

    パチスロハイエナでいうところの、
    小さく負ける(損切り)、大きく勝つ(利食い)だと思っています。

    ただ、パチスロは事故で大きく勝つことがありますが、fxにもそんなことがあるのですかね。事故というより、自分で利益の限界を決めなければならないように思えます。私の経験不足か、そもそもパチスロと比べてるのが間違いかもしれませんが(^_^;)

    • たけし より:

      損切りよりも利食いが大きくなければいけない…というのは決まっていません。
      勝率の問題に寄りますね。

      利食い+10000円、損切り-6000円で勝率50%
      利食い+5000円、損切り-10000円で勝率80%

      どちらも期待値+2000円で正解です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ