2016年11月19日(土) FXノウハウ0

Q&A自動決済をするには期待値のある根拠が必要【Q&A】

Q いつもお世話になっております。
FXでの質問なんですが、例えば以下のような条件でも自動で決済することは可能なのでしょうか?ドル円105円買いでエントリー
指値106円逆指値104円でOCO注文をしたけれど、もし106円まで行ったら更に指値107円逆指値106円にして、逆指値で当初の予定のラインで利食い、更に伸びれば利益上乗せと言うような事です。分かりづらかったらすいません。

最初のOCOで106円で利食いした後即座にまた買いでエントリーするか、逆指値だけで105円に設定して、106円を超えたら再度逆指値を106円にすれば良いとは思うのですが、これを自動で出来たらなと思っております。

A 質問ありがとうございます。

利食いした後にすぐ同じ方向にエントリーする気であるのなら、そもそも利食いする必要は無いです。
スプレッドもかかるので、それは非効率すぎますね。

基本的に利食いする時は、これ以上その方向のポジションを持たない…という事が前提になります。

そもそも何を理由に利食いするのか?何を理由に損切りをしたいのでしょうか?

それぞれに確固たる根拠がない事には、そのトレードに期待値はありませんから、自動でするしない以前の問題になります。

もし、
「106円になったら、107円までは期待値があり、105円になったら根拠が崩れるので損切をする…」
という条件に期待値を見出したトレードであれば、IFO注文をすれば可能です。

しかしその場合、現時点でどういったチャートを形成しながら106円に到達するのかもわからないため、IFO注文で常に構えておくというのはあまりお勧めは出来ないです。
チャートパターンによって、その注文に期待値があるかどうかはわからないですからね。

つまり、105円の現時点では、106円になった時の行動を決めてはいけないという事です。

単純にトレール注文(常に1円下がったら損切りする)…の考えであればもっと良くないです。

環境とチャートを無視して行う行為ですので、それこそ期待値がある根拠というものを無視しています。

質問内容から、利食いする根拠と損切りする根拠がハッキリしていないように見受けられますね。

常にその行動にどういった期待値があるのかを考えてトレードするといいと思いますよ。

IFO注文とは?

トレール注文とは?

Q&Aの記事一覧

FXcollege FXカレッジ 時給10000円を目指す人のFX投資講座 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ