2015年1月20日(火) FX実践結果13

FX基本的なトレード手法 押し目買い&戻り売り

今年からFXブログとネットビジネスブログを統合したので、今回は基本的なトレード手法について少し書いて行きます。

過去のFXの記事はFXカテゴリ一覧から見て下さい。

基本的にはチャートから判断する押し目買いと戻り売りが中心です。

ここがポイント!
  • トレンド方向に逆らわないトレード
  • 押し目や戻り目が出た時がチャンス
  • 押し目、戻り目から再度トレンド方向に動いた時にエントリー

どういった状況かを簡単に言うと、長期足で見た流れに沿ったトレードで、短期足に逆らったトレード…という事です。

EUR/USD 日足

日足トレンド

上はユーロドルの日足チャート。
明らかに下降トレンドが形成されてる状況ですね。

つまりこの状況は明らかに勢いは売り方向に向いてるわけで、この長期足の中で短期売買をする上でも、売りの方が断然有利なんです。
こういった日足のような長期足のトレンドに絶対に逆らわない事がまず基本ですね。

基本的に相場はダウ理論によって形成されていて、上昇する時や下降する時も単純に一直線に動くわけじゃありません。
簡単に言うと、波を打つように細かく上下しながら上昇、下降をするわけです。

こういったトレンドが形成される中で、一時的に押し目を付けたり戻ったりする時があります。
これが絶好のチャンス!

EUR/USD 30分足

戻り売り

全体を見ると下降してますが、一時的にジワジワ上方向に戻ってる部分もありますね。

その戻りからまた売り方向に下降した瞬間(赤矢印の部分)が、絶好の売りのチャンスです。

左の赤矢印の所はわかりやすい良いパターンですね。
右の赤矢印も若干わかりにくいですが、じわじわと戻ってからガクンと下降してます。

上昇トレンドが起きている時の下がってる部分が押し目を付けている状態。
逆に下降トレンドが起きている時の上がってる部分が戻り目です。

一度起きたトレンドは継続しやすいので、このトレンドが起きている時の押し目で買い、戻り目で売りをする事に期待値があるわけです。

上がりそうだから…、下がりそうだから…
といった勘に頼ってるトレードは、最終的には間違いなく負ける結果に終わります。
何事も相場を理解して、期待値のある行動を行う事が重要ですね。


1/2~7 トレード結果

2015/01/02 USD/JPY 23 ¥52,440 +22.8p
2015/01/02 EUR/USD 27 ¥-37,712 -14.0p
2015/01/02 EUR/USD 32 ¥57,221 +17.9p
2015/01/02 USD/JPY 41 ¥25,420 +6.2p
2015/01/05 EUR/JPY 9 ¥59,400 +66.0p
2015/01/05 EUR/USD 8 ¥21,282 +26.6p
2015/01/05 EUR/JPY 5 ¥52,750 +105.5p
2015/01/06 EUR/JPY 8 ¥83,440 +104.3p
2015/01/06 USD/JPY 30 ¥29,100 +9.7p
2015/01/06 EUR/USD 14 ¥-36,572 -26.1p
2015/01/07 USD/JPY 5 ¥-28,350 -56.7p
2015/01/07 USD/JPY 13 ¥-28,990 -22.3p
2015/01/07 EUR/JPY 11 ¥-34,210 -31.1p
2015/01/07 EUR/USD 31 ¥-33,921 -10.9p
2015/01/07 EUR/JPY 4 ¥14,680 +36.7p
<トータル ¥+195,978 +234.6p

2015年 収支 ¥195,978  勝率 60%   +234.6p

FXcollege FXカレッジ 時給10000円を目指す人のFX投資講座 

13 つの投稿コメント “基本的なトレード手法 押し目買い&戻り売り”

  1. 匿名 より:

    何で枚数がこんなにバラツキがあるの?

    • たけし より:

      損切り幅に対してリスクを同じにするためです。
      損切り時はほぼ同じ負け額にするように調整してます。

  2. hisashi より:

    マイナス時の引き際は損切りに頼ってますが、うまい事トレンドに乗れた時の引き際が難しく感じます^^;

    損小利大を意識しすぎてポジションを持ちすぎてしまってるようで、この辺の感覚って何かコツはありますか?

    • たけし より:

      トレンドに乗れた時は、トレンド反転するまでなるべく持ち続けたほうが期待値は高い傾向ありますが、勝率が低くなるんで迷うところですね。

      自分もどちらかというと期待値重視で持ち続けてますが、気持ち早めに決済して勝率上げる事も心がけてます。

      多少利食いのポイントを間違ったところで、エントリーポイントと損切りを間違ってなければ期待値マイナスにはならないので、そこまで悩む事も無いと思いますよ。

  3. 匿名 より:

    たけしさんの一回の投資金額は大体いくらぐらいなんですか?私は50万ぐらいしかうごかせそうにないですがデイトレ可能なんですかね?

    • たけし より:

      50万くらいでも出来ない事は無いんですが、利益的に割に合わないので、デモトレードで練習しながらお金を貯めた方がいいと思います。
      まずは確実に勝てるようになる事が先決です。

  4. 匿名 より:

    利確、損切りは◯pipsというより、チャートをみて判断するとういことですか?
    また、よく使うチャートは30分足が多いですか?

    • たけし より:

      そうですね、損切りは~pipsという決め方は絶対やりません。
      期待値のある損切り、利確の幅は毎回変わりますからね。

      エントリーするチャートは5分~4時間まで使いますね。
      15分~1時間が特に多いかな?

  5. 匿名 より:

    FXは何年前からやってるの?大抵の人間は欲のおかげで何回も同じミスを繰り返して撤退においこまれてしまう。人間の脳は残念ながらそう言う風にできていてその脳を制御してFXで成功するのは並大抵のことじゃないですね!最初から勝てた訳じゃないですよね!

    • たけし より:

      最初に始めたのが2012年の秋で、最初の2か月で20万以上負けましたねー。
      3か月目からは勝てるようになりましたが、2012年は-10万くらいで終わりでした。

      人間の心理に沿ってトレードするとまず負けるので、自分の感性を無視してちゃんと期待値がある行動を徹底する事が大事だと思います。

  6. 匿名 より:

    参考にしたいので手に入れた値段とSLも書いてもらえると読み手としては嬉しいです

  7. 匿名 より:

    30分足の二つ目の矢印が戻り売りのチャンスということはわかりますが、二つ目の矢印に来るまでに下髭連発で上がってきています。
    大きな流れで下へ向かう流れを当てにして戻り売りを仕掛けるのだと思うのですが、もしもトレンド変更が起こった場合に備えて損切りの場所も当然決めますよね。
    30分足のチャートの二つ目の矢印で売りを仕掛ける場合には損切り場所は一つ目の矢印辺りになるんでしょうか?

    • たけし より:

      そういう事になりますね。
      トレンドフォロー時の損切りは必ずトレンド転換が起こるポイントに置くべきで、戻り売りの時は直近の高値からちょい上あたりがベストの損切りポイントになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ